【和蔵酒造 竹岡蔵】聖泉ふるさとセット(吟醸酒・純米酒)

代表銘柄は、この「聖泉(せいせん)」。 伝統の味を守るため、酒母・製麹・仕込みなどの大切な工程はすべて手造り!
 
 

和蔵酒造 竹岡蔵の歴史やこだわり

1874年(明治7年)に、千葉県富津市竹岡で創業した「和蔵酒造 竹岡蔵」。 「基本に忠実であること、手間を惜しまないこと」がモットーで、伝統の技法にこだわった誠実な酒造りは、多くのファンを魅了しています。 代表銘柄は「聖泉(せいせん)」。上総掘りの深井戸から泉のごとく湧き出した清水で仕込まれるので、その名が付けられました。透明感がある辛口の吟醸酒と、やわらかなコクのある純米酒は、米の旨みを生かしつつ、料理の邪魔をしない包容力があります。富津の美味しい海の幸や山の幸との相性も抜群なので、ぜひご賞味ください!

「聖泉」ができるまでをのぞいてみましょう!

ここでは清酒を分析しています。理科室にある実験道具みたい!
釜場で蒸米を作っている様子。大迫力ですね!!
蒸し風呂のような麹室(こうじむろ)と呼ばれる部屋で、 蒸米に麹菌を植え付けます
仕込みタンクに投入される蒸米の櫂(かい)入れの様子。 櫂と呼ばれる長い棒でかき混ぜています
出来上がった酒を貯蔵しています。 室内の温度は夏でも寒いくらい!
酒を瓶に詰め、最後にラベルを貼って 完成!

~お礼の品~

6,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

聖泉ふるさとセット(吟醸酒・純米酒720ml×各1本)
 
 
【提供:和蔵酒造株式会社 竹岡蔵 千葉県富津市竹岡1 TEL.0439-67-0027 【富津市ふるさと納税に関するお問い合わせ先】 ふるさとふっつ応援寄附事務局 TEL.050-5309-4434(平日9:00~18:00) FAX.050-3488-0889